無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第2話

#1
あなたにはシェアハウスにいってほしいの
あなた

なんで??

お母さんたち海外に転勤になったの
でもとても優しい人たちだから大丈夫よ
あなた

うん…

大丈夫かな…

きっと私なら大丈夫!!
仲良くなれるはず…





〜次の日〜
あなた

ここだよね?
こんなでっかいとこなのかな??

ピーンポーン
?1
はーい!
ん?君誰??ねーねーこの子知ってる?
やばい…間違っちゃったのかな
あなた

すみm

?2
あーー!
待ってたよ!あなたちゃんだよね?
あなた

はい…あってます?

?2
あってるあってる!さっさ中入って入って〜
中に入るとにぎやかでとても明るくて私にはとても眩しく見えた



みんなは明るく迎えてくれた

でもただ一人目があったらすぐに目をそらし目を合わせてくれない人がいる…




きっと私の気のせいだよね?







そう自分に言い聞かせた。








?2
んじゃ自己紹介からしようか?
あなた

……はい

私はこれからどうなるのか不安でいっぱいだった






  
作者
作者
短くてすみません!
次は自己紹介からです!