無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第45話

#43
平野紫耀
ただいま〜 廉たちは?
岩橋玄樹
さっきコンビニ行くって言って行っちゃった
あなた

やっぱりそうだよね…

岸優太
何があったの?
平野紫耀
俺ら付き合うことになったから
紫耀は私の肩に手を乗っけ近づけた
平野紫耀
俺のだから、ぜって手出すなよ!
神宮寺勇太
わかってるって(笑)
岩橋玄樹
僕にはぷぅいるしー
神宮寺勇太
俺は玄樹いるしね
岸くん、口開いたままだよ(笑)
岸優太
えっ?いつから好きだったの?
てか、オレ一人じゃん(泣)
平野紫耀
おじいちゃんドンマイ!
岸優太
おじいちゃん呼びやめろよ〜
あなた

しょお?ちょっとそろそろ離して///

平野紫耀
なんで?俺の彼女でしょ?あなたとずっとくっついてたいんだけど
平野紫耀
もしかして…俺のこと嫌いになったの?
あなた

違うけど、恥ずかしいじゃん…

平野紫耀
俺はあなたのこと好きだよ?
あなた

私もだけど…

平野紫耀
ちゃんと言って?
しょうちゃん泣いちゃうよ?
紫耀くんは私に顔を近づけた
あなた

す、好きです!!

平野紫耀
よく言えました(ポンポン)
かわいいね
神宮寺勇太
俺ら何見せられてるの(笑)
岩橋玄樹
俺らもイチャイチャしちゃう?
神宮寺勇太
そうする?
岸優太
まってオレ1人(泣)
神宮寺勇太
残念(笑)
岸優太
おいー(笑)














Next.