無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第15話

#14
あなた

今日どこ行くの?

平野紫耀
ショッピングモール!!
俺が選んでやるから任せとき(๑•̀ㅂ•́)و✧
あなた

よろしくおねがいします(笑)

平野紫耀
バカにしたな〜
めっちゃ俺センスいいから
あなた

はいはい、わかったらから(笑)

〜到着!〜


平野紫耀
ここのお店見よ?
あなた

ここ高いじゃん、
もっと安いとこにしようよ〜

平野紫耀
大丈夫だって!
ほら行くよ
紫耀くんは私の手をとり走り出した
あなた

わっ///わかったから手離して?

平野紫耀
えーいいじゃん
ね?今日だけ!ね?
私にとびっきりの笑顔を向けた

この笑顔に弱いってことがつくづくわかる
あなた

もーー///わかったよ

平野紫耀
やったー!!しょうちゃん嬉しい^_^
あなた

しょうちゃんって(笑)

平野紫耀
ねーねーこの服合いそうじゃん!
これも!あっこれもいいね
あなた

買い過ぎだってば

平野紫耀
そう?まあいっか
そんなことを言いながら無邪気に笑っている顔にやられてしまう
あなた

もう好きにしなさい(笑)

平野紫耀
ちょっと買ってくるからここで待ってて〜
あなた

了解( ´ ▽ ` )ノ

〜待っている間〜
あなた

これかわいい〜おそろいにしたいな
これください!

店員さん
○○円になります
ありがとうございました
あなた

ありがとうございました
あれ?紫耀くん戻って来てないんだ
もうちょっとで来るかな〜

ねーねー今日一人?
いいとこ知ってるんだけどさお兄ちゃんと行こう?
そう言うと私に不吉な笑顔を見せた
あなた

……いえ、大丈夫です。

そんなこと言わないでさー
ね?
私は肩を掴まれた
あなた

やめてください……
待ってる方いるんで大丈夫です

私は男の手を振りのけた
そんなこと言っていいんだ(ニヤ)
ふーんまあいいけど
悪い子にはこうしないとね

その瞬間私の口を何かで抑えた
あなた

っ……






口を抑えられ私は記憶を手放した








Next.
作者
作者
いつも読んでいただきありがとうございます。
♡や★を押してくださりいつもありがとうございます!!
これからもがんばりますのでこれからも読んでくださるとうれしいです!
以上作者でした。