無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第21話

#20
紫耀side



廉が、真面目な顔してる





あなたのことなんだろうなぁ、そう思いながら濡れおかきを食べてる私でございます




でも、俺は廉だからといってあなたは譲る気はない

俺はそう決めている
平野紫耀
話って何?
永瀬廉
あのな、俺あなたのこと好きやねん
やっぱりね、
当てた俺すごくない?
平野紫耀
うん。知ってたよ
永瀬廉
だよな、紫耀にはお見通しか
じゃあ話は早いわ
平野紫耀
なに?
永瀬廉
俺今度の土曜日あなたのこと遊びに誘おうと思ってるんよ
そのときに告白しようと思ってん
平野紫耀
そう……
がんばれ…
永瀬廉
紫耀には知っといてほしかったから
平野紫耀
あなたが幸せならそれでいいよ



告白?!
展開早すぎないか? 今めっちゃ俺カッコつけてるけど頭パニック中

あなた、廉のこと好きだったらどうしよ……
永瀬廉
じゃ…そういうことで
廉がリビングを出ようとドアを開けたときドンッという音かなった
永瀬廉
海人?!
なんでここおるんや?
高橋海人
れーん!告白するってほんと?
永瀬廉
おっお前何処から聞いとったん?
高橋海人
あんまり聞いてないけど、告白ってワード聞こえたから…
永瀬廉
はぁ…
そうやよ俺あなたのこと好きやから
告白すんねん
高橋海人
いいもん!
じゃあ俺、日曜日告白するから!!
そう言い残すとダッシュで自分部屋への帰っていった
永瀬廉
何なんや…
平野紫耀
れん……俺も言っておく
あなたが幸せを第一に考えてる
だけど、廉があなたと付き合ったとしても俺……諦めないから
二人の沈黙が続いた







Next.
作者
作者
こんばんは
なんか、少クラ卒業ってほんとに卒業なんですかね?
いつも楽しみにしていた番組だったので悲しいです(泣)
以上作者でした