無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第17話

#16
お前誰だよ
紫耀くんはすごい勢いで私に駆け寄ってきた
平野紫耀
あなた!大丈夫か?
怪我してない?
紫耀くんは髪が乱れていて急いできたのがわかった
あなた

しょおくん……

お前ほんと誰なんだよ!
てか、この状況見てわからない?
早く出てけよ
平野紫耀
あなたを離せよ!
んっなんだと
男は殴りかかっだが紫耀くんはよけ反撃した
ちっ…覚えてろよ
男は急いで逃げようとした
平野紫耀
おいまて!
もし同じことしたら許さねーからな
二度とこいつの前に現れるんじゃねぇ!
男は逃げていった
平野紫耀
あなた!大丈夫?怪我してない?
あなた

しょうくんありがと……

平野紫耀
まず縄ほどくね
そう言うとほどいてくれた
あなた

ほんとにありがとう…

紫耀くんは私のことを優しく抱きしめた







私は我慢していた涙が恐怖から開放された安心で溢れ出した


平野紫耀
ゴメンな、
俺があのとき一人にしなかったら…
あなた

でも、助けてくれたじゃん(泣)

平野紫耀
俺ね、あなた
がいなくなったときどうしよって思ってテンバって…
俺……お前がいないことなんて考えられない
あなた

ありがとう

なんだろう…この気持ち
紫耀くんはとても暖かくて、安心する匂いがした






鼓動が早くなるのがわかった







Next.
作者
作者
こんばんは!
お出かけの話が終わるまで平野紫耀くん多くなると思います
永瀬廉
もっと出せや
作者
作者
すみません