無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第6話

#5
〜数時間後〜



私の片付けが紫耀くんとリビングへ行くとみんな楽しそうに会話していた
あなた

おまたせしました。
なんのはなししてたんですか?

高橋海人
ヒミツ〜
あなた

そうなんですか…(シュン)

キンプリ−廉
(かわいい)
岩橋玄樹
あなたちゃん
敬語になってるよ!
タメでね
少し無理やりなところもあるけどこのくらいのほうが私は親しみやすいかも
あなた

わかった!

神宮寺勇太
ご飯できたよ
あなた

これ美味しい!

高橋海人
ほんと!
かい頑張って作ったんだ!
あなた

そうなんだ
今度作り方教えて?

高橋海人
ごめ〜ん忘れちゃった(笑)
じんなら知ってるよ
神宮寺勇太
今度教えてあげるよ
あなた

ありがとう

岸優太
まって!
いつからそんなに仲良くなったの?
俺も仲良くなりたいんだけど
岩橋玄樹
岸くん、ドンマイ
岸優太
なんで俺だけなんだよ〜(笑)
とてもにぎやかで楽しかった
永瀬廉
ごちそうさま
平野紫耀
廉?あなたちゃんと話したら?
いい子だよ?
永瀬廉
俺はええわ
みんなで話してればええやん
そう言うと廉くんは自分の部屋へ行ってしまった

早く仲良くなりたいって思ってるのに…
そう思ってるのは私だけなのかな…












Next.