無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第44話

#42
〜その頃リビングでは〜
高橋海人
れーんー(´;ω;`)
永瀬廉
ほら、おいで
俺は海人の頭をなでた


辛いよな……


俺も辛いからよくわかる
永瀬廉
辛いな〜
高橋海人
うん…(´;ω;`)
高橋海人
廉は大丈夫なの?
永瀬廉
俺は吹っ切れたわ(笑)
海人side

俺知ってるよ、廉が嘘つくときの顔


だってずっと一緒にいるもん


頑張って笑ってるんだよね


廉もつらよね…







廉side


俺が海人の前で泣くのはあかん


おれがこういうときになぐさめな…














急ににぎやかな声が聞こえた
岸優太
岸優太、参上!
神宮寺勇太
ちょっ岸くん!
岸優太
あれ?なんで海人泣いてるの?
もしかしてだけど…
岩橋玄樹
岸くん!(ジー)
神宮寺勇太
岸くんそれはだめ
岸優太
なんか、さっせん!!
神宮寺勇太
明日、オフだし海でも行かない?
岩橋玄樹
いいねー
永瀬廉
でも今冬やよ(笑)
高橋海人
かい、いきたい…
神宮寺勇太
じゃあ決まりで!
岸優太
海人、元気だせよ!
高橋海人
岸くんやだ〜(笑)
れんーコンビニ行こ?
永瀬廉
ええよ
岩橋玄樹
寒いから気をつけてね
永瀬廉
おん、行ってきます












Next.