無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第25話

#24
〜観覧車中〜




あなた

うわ〜キレイ✨
あそこらへんきれいじゃない?
こんなに小さく見える

あなたは子供のようにはしゃいでいた





俺にとびっきりの笑顔で話しかけてくれる




永瀬廉
はしゃぎすぎや(笑)
俺は頂上につくまでたわえもない話をたくさんした




もう少しでてっぺんにつく頃
永瀬廉
あなた?
ちょっとええか?
そう言うとはしゃいでいたあなたは俺の前へと座った
あなた

どうしたの?
改まって

俺は覚悟を決めた
永瀬廉
あのな、俺…
ずっとあなたのことが好きでした
俺と付き合ってください
あなた

……

あなたは開いた口が塞がらないようだった
永瀬廉
俺な、最初はあなたのこと信用できへんかった
でもな、あなたの話すようになって
不意にする笑顔とか、優しいところとか
時々甘えてくるところとか全部好きになってた
俺は目の前にいるあなたを抱きしめた



観覧車はとても揺れた
あなた

わっ///

永瀬廉
俺あなたのことが大好きや
今返事せんでもええから、今度返事聞かせて?
あなた

ありがとう…
ちゃんと今度返事するね

永瀬廉
おん…
じゃあついたしそろそろ出よか?
あなた

うん

俺はあなたの手を握って観覧車をあとにした








Next.
作者
作者
こんばんは
昨日、頭が整理できてなかったのでもし変な文章があったら言ってください。
玄樹くんがまた笑顔になれることを願っています!
6人でking&Princeです!
この小説では玄樹くんもずっと登場させようと思っています。
以上、作者でした。