無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第28話

暴走族…?
シルク
シルク
戻って来たよ~ん
あなた
あなた
おかえり~
シルク
シルク
あなた、あいつに何された?
あなた
あなた
えっと…
マサイ
マサイ
キスされた
シルク
シルク
は!?
マサイ
マサイ
ほんとだよ。
俺の目の前でやられたよ。
シルク
シルク
あなたもマサイも大丈夫か…?
あなた
あなた
うん。もう大丈夫。マサイが消し…
マサイ
マサイ
俺がちゃんと消しといた。
シルク
シルク
お、おう。そうか。
シルク
シルク
2人に怪我がなくて良かったよ
マサイ
マサイ
そうだな。
シルク
シルク
このこと、ほかのメンバーには言うか?
シルク
シルク
マサイ達が嫌なら言わないけど
マサイ
マサイ
いや、言うべきだ。
これからの対策にも役立つかもしれないし。
あなた
あなた
うん。私もそー思う
シルク
シルク
わかった。俺から伝えとくよ。
マサイ
マサイ
ありがと。
ピンポーン
あなた
あなた
はーい
え?誰…この人達
そこに映っていたのは、髪の色はみんなバラバラでピアスも開けていて、いかにもヤンキーという言葉がお似合いの人達だった。
あなた
あなた
シ、シルク…
シルク
シルク
ん?どした?って、なんだこいつら?
マサイ
マサイ
ヤンキー…?
シルク
シルク
俺が出る
ガチャ
シルク
シルク
何の用すか?
碧島 龍(みどりじま りゅう)
俺は碧島龍。テキトーに呼んでくれ。
碧島 龍(みどりじま りゅう)
他の奴らは幹部だ。
シルク
シルク
碧島龍…。
暴走族が、俺たちに何の用ですか?
碧島 龍(みどりじま りゅう)
やっぱり知ってるか…
シルク
シルク
見たところ高校生ですね。
碧島 龍(みどりじま りゅう)
あぁ。高校2年生だ。
あなた
あなた
私と同い年…
とても顔立ちがよく、背も高い

一般的に言う『理想の男性』だ。
シルク
シルク
んで何しに来た?
碧島 龍(みどりじま りゅう)
七尾和樹ってやつが、来ただろ?
シルク
シルク
なんでそいつのこと知ってんだ?
マサイ
マサイ
おい!そいつのこと詳しく聞かせろ!中は入れ!
あなた
あなた
え、ちょ、マサイ
幹部
失礼します!!
碧島 龍(みどりじま りゅう)
お邪魔します
あなた
あなた
見た目によらず、礼儀正しい人達なんだ。

髪の毛の色はほんとにすごいけど…
マサイ
マサイ
詳しく聞かせろ。
碧島 龍(みどりじま りゅう)
あいつ、ほんとに来たのか?
あなた
あなた
えっ…?
碧島 龍(みどりじま りゅう)
えっ…
マサイ
マサイ
知り合い…か?
あなた
あなた
龍!!!
碧島 龍(みどりじま りゅう)
あなた!?!?
マサイ
マサイ
嘘でしょ…
あなた
あなた
龍だよね!!
やっぱ、龍だったんだ!!声似てると思ったー!
碧島 龍(みどりじま りゅう)
あなた!久しぶりだな!
あなた
あなた
実は、生き別れになった兄弟で…
あなた
あなた
黙っててごめん!
マサイ
マサイ
いや、それはいいんだけど…
あなたの肩に龍の手が回されている
マサイ
マサイ
手、どけてくれる?
碧島 龍(みどりじま りゅう)
え?
マサイ
マサイ
俺の、婚約者だから
あなたはマサイに手を引っ張られマサイの元に
碧島 龍(みどりじま りゅう)
あなた…!いつのまに!?
あなた
あなた
ご、ごめん龍…連絡先知らなかったから…
碧島 龍(みどりじま りゅう)
あぁ。そーだったな。あとで交換しよ
あなた
あなた
うん!!
シルク
シルク
あの、仲良くしてるとこ悪いんだけどさ七尾和樹について詳しく教えてくれ
碧島 龍(みどりじま りゅう)
あぁ。わかった
碧島 龍(みどりじま りゅう)
あいつが昔、手を出した女ってのは…
碧島 龍(みどりじま りゅう)
俺の女だ。
あなた
あなた
え?
碧島 龍(みどりじま りゅう)
あいつは、俺らとライバル関係にある『瞹睬(しゅんさい)』っていう暴走族の総長だ。
碧島 龍(みどりじま りゅう)
俺は、『雷蘭(らいらん)』っていう暴走族の総長
碧島 龍(みどりじま りゅう)
あいつらは世界一の暴走族を狙っていた…でも俺らが邪魔だった。
碧島 龍(みどりじま りゅう)
あいつは、俺の女に目をつけた。
元々総長は本気で惚れたやつしか溜まり場には連れてきちゃ行けねぇルールがある。
碧島 龍(みどりじま りゅう)
瞹睬と雷蘭は何度も戦ってきた。
碧島 龍(みどりじま りゅう)
俺と和樹も何度も顔を合わせていた
碧島 龍(みどりじま りゅう)
そんな時、俺の女…碧(あおい)が…
碧島 龍(みどりじま りゅう)
あいつの手によって汚されたんだ。
碧島 龍(みどりじま りゅう)
俺は許せなかった…だから、1人で瞹睬に立ち向かったんだ。
そしたら、流石に騒ぎが大きくなっちまって警察沙汰…あいつは捕まった
碧島 龍(みどりじま りゅう)
でも、またこの辺で和樹を見たっていう情報があってな
碧島 龍(みどりじま りゅう)
色々調べた結果、ここにたどり着いたんだ。
あなた
あなた
龍…辛かったね…今、奥さん?はどうしてる?
碧島 龍(みどりじま りゅう)
元気にしてるよ。
さすがにトラウマになっちまったみたいで、あまり1人では外に出たがらないけど…
あなた
あなた
そっか…
碧島 龍(みどりじま りゅう)
だから、俺も七尾和樹を潰したいんだ。協力してくれ!!
碧島 龍(みどりじま りゅう)
碧だけじゃなくて、あなたも守りたい!婚約者さんも!
シルク
シルク
裏切らねぇだろーな。
碧島 龍(みどりじま りゅう)
もちろんだ。俺はあいつに恨みしかねぇよ。
幹部
総長…!!グスッ
マサイ
マサイ
いい仲間持ってんだな…
シルク
シルク
協力する。
シルク
シルク
ただし、俺らが指示をだすからそれまでは何もしないでくれ。
碧島 龍(みどりじま りゅう)
わかった…
碧島 龍(みどりじま りゅう)
今日はありがとうございました。
では、失礼します…。
あなた、また会おうな!
幹部
失礼しました!!
あなた
あなた
うん!!またね!龍!
マサイ
マサイ
碧島龍…か。
あなたのお兄ちゃん、良い奴だったね。
あなた
あなた
10年ぶりだよ…会ったの。
マサイ
マサイ
そんなに…
シルク
シルク
見かけによらずってとこだな。ww
マサイ
マサイ
あぁw
あなた
あなた
まさか、もっきゅんが言ってた女の人と男の人が龍とその奥さんだったなんて…
シルク
シルク
ほんとだな…。七尾和樹…ぜってぇ許さねぇ。
マサイ
マサイ
うん。