無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第7話

マサイ…?なんで?
マサイ
マサイ
なぁ、あなた。
昨日シルクと何話したの?
あなた
あなた
えっ…?
マサイ
マサイ
…。
あなた
あなた
えっと…。
あなた
あなた
マサイとの出会いとかどこが好きなのかとか、そーゆー話してたの!
マサイ
マサイ
そっか…。
マサイ
マサイ
話してくんないか。
あなた
あなた
え?
マサイ
マサイ
(あなたの頭を撫でる)
あなた
あなた
…。
マサイ
マサイ
俺、待ってるから。
あなたが話すまで。
あなた
あなた
ごめん…ね。
マサイ
マサイ
っ…!
あなた
あなた
え、どこ行くの?
マサイ
マサイ
ごめん。今は1人にして。
あなた
あなた
ちょ、マサイ…!
ガチャ
マサイ
マサイ
ごめん…あなた。
マサイ
マサイ
俺が弱いから…。ごめんな。グスッ
マサイ
マサイ
なんで…こんな時に俺、泣いてんだよ。
あなた
あなた
グスッ うぅ…。ごめんねマサイ。ごめんね…。
マサイ
マサイ
ちゃんと向き合わなきゃな。こんな弱かったら支えらんねぇーじゃん。俺のバカ。
ガチャ
あなた
あなた
マサイっ…!!!!
マサイにだきつく
マサイ
マサイ
どした
あなた
あなた
全部、話すから。離れないで…。
あなた
あなた
私、マサイがいないとダメなの。お願い。
マサイ
マサイ
部屋、入ろ。
あなた
あなた
うん…
告白されたことを話す。
あなた
あなた
黙っててごめん…!
マサイ
マサイ
いや、俺こそ。知ってたのに試すようなこと言ってごめん!
あなた
あなた
ううん。
あなた
あなた
私ね。
マサイ
マサイ
うん。
あなた
あなた
シルクにちゃんと言えなかったの。
マサイ
マサイ
なにを?
あなた
あなた
ごめんなさい。でもありがとう。って。
マサイ
マサイ
…。
あなた
あなた
最低だよね。私。
あなた
あなた
シルクはちゃんと伝えてくれたのに、私は…何も伝えられなかった。
マサイ
マサイ
そんなことねぇよ。今からでも遅くない。
あなた
あなた
マサイ…。
あなた
あなた
ありがとう…!シルクにちゃんと伝える!
マサイ
マサイ
でも…!
あなた
あなた
ん?
マサイ
マサイ
気持ちは嬉しいけどって言わないで…ほしい。
あなた
あなた
え?なんで?
マサイ
マサイ
束縛みたいな言い方になっちゃうけど
マサイ
マサイ
あなたは俺のだから、他の人からの好意で喜んでほしく…ないから。
あなた
あなた
ふふっ
マサイ
マサイ
笑う…なよ。
あなた
あなた
ごめんねw大丈夫だよ。マサイ。
マサイ
マサイ
おう。
あなた
あなた
じゃ、行くね!
マサイ
マサイ
行ってらっしゃい!