無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

597
2019/07/28

第16話

8
トントン
ん"〜出来た、、、みんな起こしに行かな
ミント(晴梨)
ミント(晴梨)
トントン?
トントン
あ、晴梨に黒那に夜やん
トントン
どしたん?
ミント(晴梨)
ミント(晴梨)
水を飲みに、、、
トントン
なんか有名実況者みたいな声やな?
ギクッ
モミジ(依)
モミジ(依)
そう?騒ぎすぎたかな?
ミント(晴梨)
ミント(晴梨)
(ないす!依!愛してる!!)
モミジ(依)
モミジ(依)
(やめろ)
ミカン(黒那)
ミカン(黒那)
朝ごはん作ってたの?
トントン
おん
トントン
これからみんなを起こしに行くねん
ミント(晴梨)
ミント(晴梨)
それじゃ私たちが行くよ!
モミジ(依)
モミジ(依)
そうだね、暇だし
ミカン(黒那)
ミカン(黒那)
でも水飲んでから〜!
トントン
ほい、水
ミント(晴梨)
ミント(晴梨)
ありがと〜
モミジ(依)
モミジ(依)
助かるわ〜!
ミカン(黒那)
ミカン(黒那)
(おかんだな)
(/◎\)ゴクゴクッ・・・
ミント(晴梨)
ミント(晴梨)
あ"あ、あー
晴菜
晴菜
あーあー
晴菜
晴菜
よし戻った〜
治ったから みんな起こして
朝ごはん!
ゾム
ほらほらほらほら!食べろや!
コネシマ
ウップ、、、
トントン
あ"あ"もう無理や、、、
エーミール
、、、(気絶したフリしたら行けるかも!)
ゾム
ん?エーミール気絶してるやんその間に食べさせよ
エーミール
(人生終わりましたお疲れ様でした)
晴菜
晴菜
あ〜
ロボロ
(・u ・)ŧ‹”ŧ‹”ŧ‹”ŧ‹”ŧ‹”ŧ‹”
大先生
あ"〜死にそ〜
ゾム
大先生まだまだ行けるねんな?
大先生
ヒッ!
大先生
いやちゃいますがな!兄貴!
大先生
ちゃいますがな、、、ちゃいますがな、、、
ゾム
行けるって〜大先生ならさ〜!
大先生
無理です、、、辞めてください兄貴、、、
ゾム
え?聞こえないなぁ?もっと食べたいって?
大先生
違います!兄貴!コネシマの野郎がまだ食べたいって言ってましたよ!
ゾム
お、感心感心
ゾム
( ^言^)シッマァ、、、
コネシマ
うぇ、、、?
ショッピ君
はい、クソ先輩吐きそうなので持ってきましたよ袋
コネシマ
クソって、、、聞こえ、おrrrrrr
ショッピ君
聞こえませんねぇw
ゾム
よしシッマ!
コネシマ
ウップ(見逃してくれるんか?)
ゾム
吐いたことによってもっと食べれるようになったなw
コネシマ
え"
コネシマ
、、、エーミールと鬱先生が食べたいって、、、
バタッ
晴菜
晴菜
シッマァァァァァ!
大先生
www
ゾム
そうかそうか、エーミールと大先生やな、分かったシッマの仇をとるわw
大先生
え"
エーミール
え?
その後綺麗に死んだ、、、
ゾム
よし!満足やわ!
ロボロ
お腹いっぱいや〜
_______
晴菜
晴菜
よし!みんな学校行こ!
皆
お〜!
女子4人
お〜!
学校着いて授業中
晴菜
晴菜
あ"〜眠い
ちなみに
クラスは、1年A組依 ショッピ君
1年B組シャオロン ロボロ淳葉
1年C組晴梨 黒那

2年A組ゾム エーミール
2年B組大先生
2年C組コネシマ

3年A組グルッペン
3年B組オスマン
3年C組ひとらん トントン

ってなってるぞ〜!!!
1年C組の席は↓に〜
モはモブ せは晴梨 くは黒那 ブは誰かな?

モモモモモモモモモ
モモモモせモブモモ
モモモモくモモモモ

「の所は全部モブ 転校生の奴は気にしないでおくれ
晴菜
晴菜
( ˘ω˘ ) スヤァ…
水鳥 黒那
水鳥 黒那
ちょwwwっ!
水鳥 黒那
水鳥 黒那
晴梨!!!先生来てる
晴菜
晴菜
( ゚∀ ゚)ハッ!
てことで昼休み
晴菜
晴菜
よし!みんなのとこ行こ!
水鳥 黒那
水鳥 黒那
よっしゃ!行こいこ!
奈々
奈々
ねぇねぇ♡
晴菜
晴菜
レッツゴー!
水鳥 黒那
水鳥 黒那
いぇーい!
奈々
奈々
ねぇってばぁあ♡
ガラガラ
晴菜
晴菜
どこに集まる?
水鳥 黒那
水鳥 黒那
え〜?聞いてなかったの〜?
奈々
奈々
ねぇ♡晴梨ちゃぁんに黒那ちゃぁん♡
水鳥 黒那
水鳥 黒那
屋上だよ!
晴菜
晴菜
屋上だね!OK!
晴菜
晴菜
あとさ、奈々さんだっけ?着いてこないでくれない?
奈々
奈々
なぁんでぇ?♡
晴菜
晴菜
私達は、友達とご飯食べるの、時間が無いからさ、早く行きたいの!
奈々
奈々
わぁたしだっぁてぇ〜♡いきたぁい♡
水鳥 黒那
水鳥 黒那
ごめんね、奈々ちゃん、一緒に食べたいのは山々だけど、明日か、明後日じゃなきゃダメかな?
奈々
奈々
えぇ?♡なんでぇ?いいじゃぁん♡
晴菜
晴菜
ほんとに時間が無いんだ、明日一緒に食べよ?
_______
晴菜
晴菜
明日食べ_____
ゾム
お、いたいた
ゾム
おぉーい!晴梨〜!黒那〜!みんな待ってんで〜!
_______
ゾム
待ってんで〜!
奈々
奈々
きぁぁぁ♡ゾムせんぱぁい♡どぉしたんでぇすかぁ♡
ゾム
お前やないねん、
奈々
奈々
晴梨ちゃぁんと黒那ちゃぁんでぇすかぁ?
ゾム
せや、やからどいてくれ
奈々
奈々
わぁかぁりまぁしたぁ♡
ゾム
よし、行くで!
晴菜
晴菜
え?あ、うん
水鳥 黒那
水鳥 黒那
キャーゾムセンパーイ(棒)
ゾム
やめろや
水鳥 黒那
水鳥 黒那
似てるっしょw
ゾム
さっきんやつ?
水鳥 黒那
水鳥 黒那
そそ!
ゾム
まぁなw
晴菜
晴菜
完全に棒読みだったけどねw
ロボロ視点
ゾム
きたで〜
ロボロ
やぁっと来た!遅かったやん!
晴梨にデコピンする
晴菜
晴菜
いったぁ!
可愛い、だけど強くしすぎたようで、おでこをちょっと抑えてる
ロボロ
ご、ごめん!
俺は頭を下げた
顔を上げると晴梨がデコピンしてきた
晴菜
晴菜
えへへ〜!お返し!
やっぱり昔と変わらず可愛い
グルッペン
はぁ〜早く食べるんだゾ!
とグルッペンが言う
食べ始めたゾムは、早速食害をしている
ゾムが俺のほうへ向くと
ゾム
まだまだ食べれるねんな?ロボロ!
俺は今日具合が悪かったなぜかと言うと、、、


あぁロボロ、、、
ロボロ
すまん、ゾムあんま食べれへん
ペ神がドアの近くでずっといるのを知ってしまったからだ
ゾム
お!珍しいやんけ!食害したろか?
ロボロ
ゾムにだけ言ったるわ
ロボロ
ペ神がドアから覗いたりしてるから食欲あんま無いねん
ゾム
あぁ、なんかすまん
ロボロ
いやええねん、、、
「もう我慢できない!」
ロボロ
あ"っ!
俺は自身の危険を察し、グルッペンの後ろに隠れた
グルッペン
ん?んんん?
バンッ!
ペ神
ロボロ!
グルッペン
んぁ、ペ神じゃないか
ペ神
グルッペン!ロボロはどこっ?
グルッペン
、、、
嫌だ、言わないで、、、グルッペン、、、
グルッペン
知らないが、途中でどこかに行ってしまったぞ?
グルッペン
体調を崩したんじゃないか?
ペ神
ホント?トイレとか見てくる!
バンッ!
タッタッ
ロボロ
ぁう、、、グルッペンありがと、、、
グルッペン
そんな泣く必要あるか?
ロボロ
怖い、、、
グルッペン
まぁこちらからペ神に行っておく
ロボロ
ありがと、、、
晴梨視点
晴菜
晴菜
(突然ペ神が入ってきた、、、怖っそんなにロボロが好きなのか、、、凄いな、、、)
晴菜
晴菜
大丈夫?ロボロ?
ロボロ
うわぁ!、、、晴梨か、、、うん、ごめん
晴菜
晴菜
大丈夫だよ、(そんなに怖かったのかな、、、)
よく見るとロボロは震えていた
それを見ていたら何だか顔に変化が起こってきた
なんでだろ頬が痛い
ロボロ
んぇ?せ、晴梨!大丈夫なんか?!
ロボロがなんでか心配してくるその後にみんな心配してきた
私は頬を触ると手には血?が着いていた
晴菜
晴菜
あ"ぇ?
なにか変な感じがする私死んじゃうの、、、?
晴菜
晴菜
み、、、んな、、、
バタッ
_______
??
おーい!ねぇってばぁ♡
晴菜
晴菜
んん、んぁ、、、?
いつの間にか寝ていたようだ
どうやら生きていたらしい
目を開けると自分の部屋だった
けれど嫌な奴がいるそう奈々だ
奈々
奈々
だぁいじょうぶぅ?♡
晴菜
晴菜
え"?奈々さん?
奈々
奈々
私ぃ、ここまで運んだりぃしてきたんだよぉ?
晴菜
晴菜
ありがと、、、
晴菜
晴菜
でもなんでここに、、、?
奈々
奈々
それがねぇ♡あの私の王子様達がねぇ♡私に惚れてぇ♡ここに居といてってぇ♡言ってぇくれたのぉ♡いいでしょぉ?
晴菜
晴菜
はぁ、、、
訳が分からないなぜみんなは了承した?こんなやつ奈々を入れたんだ?こいつは惚れたって言ってたな、、、
あ、そういえば今日じゃん!コラボ!
晴菜
晴菜
ねぇ、奈々さん、私はもう大丈夫だから帰っていいよ?
時計を見る今は20:30くらい、コラボが21:00だ
奈々
奈々
えぇ♡頼まれたからぁ、むぅりぃ♡
晴菜
晴菜
それじゃぁちょっとまってて
、、、ロボロに電話してみよう
奈々
奈々
あ!ちょっと待って!
奈々が待ってって言ってるけど待たない今日は大事な日だから
晴菜
晴菜
あ、ロボロ?
ロボロ
「ん?なんや?晴梨てか起きたんか」
晴菜
晴菜
うん、起きたよ〜
晴菜
晴菜
てかなんで奈々さんシェアハウスに居るの?
ロボロ
「え?奈々さん?誰やそいつ」
晴菜
晴菜
え?
奈々
奈々
ちょっと!待ってって!
ロボロ
「、、、今すぐ行くわ!」
ピッ
電話が切れたからすぐ来てくれ、、、
ガチャ!!!
早いなさすがロボロ
ロボロ
お前誰や!
奈々
奈々
えぇ?わぁたしはぁ奈々ってぇいいまぁすぅ♡晴梨ちゃぁんのぉお見舞いにぃきましたぁ♡
晴菜
晴菜
は?
ロボロ
よし晴梨今日は存分に暴れてええでその代わり外でやけどな
晴菜
晴菜
おっけ分かったロボロ来る?
ロボロ
行かせてもらうわ
晴菜
晴菜
りょーかい!さぁ、奈々さん!来て!
奈々
奈々
え?うん!
晴菜
晴菜
さぁ、ロボロ、誰にも言わないね?
ロボロ
おん、昔からの約束やがな!
晴菜
晴菜
そーだね!
フランドール・スカーレット
遊びましょ♡
フランドール・スカーレット
奈々だっけ?私の晴梨になんてことしてくれてるの?どうしてくれるの?
奈々
奈々
ぁいや、、、その、、、晴梨ちゃんが、、、悪くって、、、私は悪くないって言うか、、、
フランドール・スカーレット
嘘つきさんだね!ねぇ咲夜存分に暴れていいよねぇ?!晴梨を悪者扱いしたんだからさぁ!
グルッペン
はぁフランはどんだけ怒ってるんだか、、、
「グルッペン様、ありがとうございます」
十六夜 咲夜
妹様、くれぐれも"殺さない"ように
フランドール・スカーレット
はーい!じゃ行っちゃうよ〜!!!
「あら、抜けがけかしら」
フランドール・スカーレット
お姉様!
レミリア・スカーレット
殺るなら私も混ぜなさいこんな楽しそうな奴久しぶりだわ!
「はぁ〜!楽しそうやんけw」
レミリア・スカーレット
、、、なんで来たのかしらねぇただの人間如きが
ゾム
ええやんか、殺すのは得意やで?
フランドール・スカーレット
へぇ?お兄さん後で戦おーよ!
ゾム
お、ええでお嬢さん
ゾム
死んでも知らへんで?
も〜フラン!早くしてよね!
フランドール・スカーレット
んごめん、晴梨今変わった方がいい?
いや、早くして欲しいだけ寒いんだよ?
フランドール・スカーレット
ごめんって〜!
フランドール・スカーレット
いっくぞ〜
ロボロ
おいっ!まさか!フランやめーや!
フランドール・スカーレット
ロボロにぃは黙っててキュッてしちゃうよ?
ロボロ
う、、、
ゾム
(ほーん強そうやんかあの子からの殺気が凄いわ、、、戦う日が楽しみや待ってろよ、、、)
フランドール・スカーレット
きゅっとして〜
ゾム
(なんやあいつ、魔力が凄いな)
奈々
奈々
あ"ガハッ
ゾム
(あいつも苦しんどるな)
フランドール・スカーレット
どっかーん!
ゾム
んぁ?(なんや?)
ロボロ
ゾム、、、見たあかんグルッペンもや、、、
グルッペン
あぁ、分かってる
ゾム
なんでや?
ロボロ
さすがに、、、これ見たら、、、あかんわ
ゾム
(血の匂いがする、、、ロボロから?)
ロボロ
ゾム、俺から血の匂いがすんのは返り血や
ゾム
あ、声出とった?
ロボロ
おん
ゾム
見せてや!
ロボロ
晴梨、やった後は見せてもええか?
うん
フランドール・スカーレット
いいって〜!
ロボロ
全くフランは怖いわ
ゾム
ん、
ゾム
うぇ?
ゾム視点
あいつが跡形もなくいなくなっとる、、、?
血がすごい飛び散ってる、、、
これがあいつの力?
レミリア・スカーレット
あ〜もー!フラン!跡形もなくいなくしてどうするの!死体だけは残しときなさい!
フランドール・スカーレット
は〜い、、、ごめんお姉様、、、
ゾム
あ、あは、、、あっははははははははは!!
レミリア・スカーレット
どうしたのかしら?狂った?
ロボロ
いや違う
ビュン!(ゾムのナイフが空ぶる)
レミリア・スカーレット
危ないわねどうしたの?もしかして想い人だったかしら?
ゾム
ちゃう、あんなん見たら戦いたいに決まっとるやん!
レミリア・スカーレット
うふふ!いいわねぇ!さっきの奴より殺しがいがありそうねぇ!
フランドール・スカーレット
お姉様!私もしたい!
もー!フラン戻ってきて!
フランドール・スカーレット
やだ!
はぁ、、、
フランドール・スカーレット
うっ!
ミント(晴梨)
ミント(晴梨)
うんしょ
ミント(晴梨)
ミント(晴梨)
あ、やべ
晴菜
晴菜
おけ!
晴梨視点

20:50か、、、
晴菜
晴菜
私家に戻らなきゃ、、、
ロボロ
あ俺もやばいわ
ゾム
俺もや
_______
長すぎた〜!ここまで見てくれて本当にありがとうございます!!!