無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

559
2019/07/18

第14話

遅めの投稿
ロボロ
( * ॑꒳ ॑*)ホクホク
晴菜
晴菜
えへへ
ガラガラ
ロボロ
ハッ!
ボフン!(布団に隠れた)
ペ神
んーちゃんと寝てるけど、目をつぶって寝てよ?
晴菜
晴菜
うん
ペ神
もう大丈夫かな、、、?
ペ神
はい、熱計ってみて
ピピピ
ペ神
、、、大丈夫!明日から学校に行くんだよ?
晴菜
晴菜
はーい!
ペ神
それじゃロボロはそのままで、晴菜ちゃんだけ出ててね?
ロボロ
やぁだ!
ペ神
ふふ、、、ロボロ、なんで逃げるの?
ロボロ
そりゃお前が襲うからやろうがよぉ!
晴菜
晴菜
先生!やめてください!
ペ神
晴菜ちゃん、それは出来ないよ?
晴菜
晴菜
え?
ペ神
だって今は先生じゃないもの
晴菜
晴菜
ッ!
晴菜
晴菜
(コソッそれじゃ)しんぺい神さん!ロボロは見逃してあげて!
ペ神
同居人だよ?
晴菜
晴菜
ペ神!やめて!
ペ神
うんそれでよし
ゾム
なぁ〜
ペ神
ん?ゾム掘られに来たの?
ゾム
ちゃうわ!
ペ神
なーんだ
ゾム
その代わりにこいつやるわ
ペ神
え?
大先生
ちゃうんすよ!あ、、、にき、、、
ペ神
大先生?僕の為に来てくれたの?
大先生
ちゃうんすよ!ちゃうんすよ!やめてくださいよ!兄貴!
晴菜
晴菜
それじゃ私は出ますね
ペ神
あ、ゆっくりしててね
晴菜
晴菜
はーい
ガラガラ
晴菜
晴菜
(ついてきて!)
ロボロ
(おん)
バタン
ロボロ
ふぅ、、、ありがと晴菜
晴菜
晴菜
いいのいいの!
晴菜
晴菜
じゃあね!
タッタッ
ロボロ
やっぱり可愛ええなぁ
ペ神
そうだね
ロボロ
ッ!わぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁあ!
晴菜
晴菜
ッ!グルちゃん!
ロボロ
ヤダァァァァァァ!!!
グルッペン
やめろペ神
ペ神
グルッペンが言うならやめるけど、、、
グルッペン
晴菜がちょっと泣いてお菓子あげるからペ神を止めてって言われたんだゾ
ペ神
あーそれはしょうがないね
ロボロ
うぉわぁぁ
晴菜
晴菜
大丈夫?
ロボロ
もう無理かもしれん、、、
晴菜
晴菜
え?
ロボロ
学校行ってくるわ
晴菜
晴菜
ん?
ガシャン、、、数十分後
ロボロ
持ってきたペ神が俺用に作ったとか言ってた薬、どんなんか見てみようやんか
ロボロ
ペ神〜
ペ神
ん?どうした?ロボロ?
ロボロ
今や!
パクッ
あ、粉ちゃうよ?
ペ神
これ、は俺が作っ、、、た睡眠や、、、く、、、
バタン
ロボロ
睡眠薬やったんか、、、
終わり
はやーい中途半端〜
次こそ学校へ〜