無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第9話

8-悩み事
自分は現在中3です。

つまりのところ
世間で言う受験生です。



てことは
こんなところに浮上してないで
勉強しろよって話じゃないですかw
その事についての話
皆んなはきっと
わからないながらも

進路を決めたりしてると思います。




でも自分は決められない。

やりたい事はある。




けどそれ以前に
自分はもう
人生はここら辺で
終わりにしたいんです。






前から思ってること。
長く生きたくない。



だから
何がしたいの?
これからどうするつもり?

って言われても
死んでも良いって思っている自分からしたら
何も無いはずのところに

無理矢理何かを
埋めろって言われた気分
出来ることなら
死にたい

でも
歌い手や
趣味の絵描きも
続けたい。
とっても
ワガママなのは承知です。
でも
死ねるのであれば

趣味なんて
良いんですよねw
"もう死にたいな"って

思うのは別に病んでる訳じゃないんですよ?
ただよく
おじいちゃんおばあちゃんが言う

もう歳だから
的なやつw
俺にとっては

もうそれがその時
そんな俺に

何がしたいの?

とか言われても
わからなくて
いつもパニックになる。
わからない
しか頭に残らない。
だから
進路の事でも

さっきも
もめました。
いやぁ
パニックパニック
体の震えとか

寒気とか

いろいろ
止まりませんよねwww
コレを打つのもやっと…

ただ伝えたくて

誰かに知って欲しい










俺は莉犬くんが
言うように

誰かに認めて欲しいんですよ

きっと