無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第8話

8










『 じゃあ、お昼に屋上で! 』



「 うん、りょーかい 」





そう言って謙杜と別れたが ......






どうしても、入りたくない




そう思う。










まぁ、こんな事もあるだろうと思い教室に入った





思ったより周りの反応は普通で、


恭平は周りの人にバラしてないみたいだ。






あぁ見えて、口硬いよなぁ








































『 せーんぱいっ!!

一緒にお昼ご飯食べましょ!! 』



「 んー、いいよっ

なんだって私、優しいから?(笑 」



『 キャラ行方不明ですねっ!! 』



「 ちょっ(笑

謙杜センスありすぎ 」



『 良かったですっ!(笑 』



『 じゃ、屋上行きましょ 』












「 気持ちいぃ〜 」





『 先輩? 』



「 なーに? 」



『 ここの学校、屋上禁止なの知ってます? 』



「 え!?知らなかった、戻ろ戻ろ 」









そう戻ろうとすると、なにかに躓き


気づいたら謙杜の腕の中にいた





『 先輩、危ないですよ(笑 』



『 僕が鍵を借りたんです 』





「 謙杜が .... ?どうやって、? 」



『 実は、この学校の校長、僕のお父さんなんです 』



「 えーーっと、ながお ....... え!?そうなの!? 」



『 そんな驚くことでも(笑 』



「 いや、驚くよ!? 」






『 そんなですか?(笑

だから僕たちだけですよ、貸切です 』



「 嬉しい、ありがとう 」







『 ねぇ、先輩 』



「 はぁい? 」



『 幸せにしますよ、俺なら 』



「 ....... ごめん、考えてもいい、、? 」



『 !?

前まで即答で「無理」 だったのに ........ !! 』



「 なにそれ(笑 」



『 なんか、俺先輩に会ってから

青春してる感じします 』



「 そう?(笑

けど、私も謙杜と居る時が1番青春かもしれない。

追われる恋って、理想だったんだよね 」



『 ほんとですか、?

先輩まじ好きっすわ 』



「 ねぇやめて。なんか照れるじゃん?(笑 」



『 (笑

弟の友達が彼氏って、エモくないですか?(笑 』



「 エモいけど、自分で言っちゃうあたり無いわ 」



『 おい 』



「 ごめんって!!(笑 」











私、謙杜と相性いいのかな