無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第9話

9










「 姉ちゃん 」



「 駿佑、急にどうしたの?(笑 」



「 長尾、彼女出来たらしいよ 」



「 え ..... ? 」



「 ほら 」











そう言って駿佑から見せられたのは、

2人のトーク画面









謙杜
みっちー、俺彼女出来た
駿佑
おめでとう。(笑)
俺の姉ちゃんと付き合ったの?
謙杜
ちがうよー(^^)
駿佑
あれ、長尾って俺の姉ちゃんの事が
好きなんじゃなかったっけ?
謙杜
あー、諦めた
駿佑
ほぉーん。お幸せに。笑
謙杜
ありがとう(^-^)/








「 お、おぉ、良かったね ... (苦笑 」



「 悲しくなんないの? 」



「 なんで?(笑 」



「 長尾、取られちゃったよ。別の人に 」



「 いや、私まず謙杜の事好きじゃないし、?(笑 」



「 姉ちゃん自分の気持ちに嘘つきすぎじゃない? 」



「 え、? 」



「 だって、内心苦しいって思ってるでしょ

顔に出てるもん。

俺弟なんだからそんくらい分かるし、、 」



「 ............ 」



「 ほら、図星(笑 」



「 なんか、好きって認めたら

負けなような感じしない? 」



「 硬いなー

そんなんじゃ恋愛なんてできないよ

だから恭平先輩に振られたんでしょ? 」



「 駿佑、痛いとこつかないでよ ... 」



「 あ、ごめん、、。笑

けど今からでも遅くないよ 」



「 うん、、、

私は謙杜が好きなのか ....... 」








もう、認めちゃって素直に好きって伝えた方が

いいのかな