無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第10話

10










次の日







『 せーんぱいっ!おはよう! 』



「 け、、、けんと、おはよう 」



『 なんかぎこちなくない?(笑 』



「 ....... そう?

てか、謙杜彼女できたんでしょ? 」



『 みっちーから聞いた? 』



「 うん .......

やっぱり、本当だったんだね、、!(笑)

謙杜に彼女が出来たなら、

私と関わるのやめよう、、、、、?ね、? 」



『 先輩もしかして ... 』



「 うん、、、ごめんね、(笑)好きになっちゃったよ。

けど、もう遅いよね 、ごめんね ........ 」



『 先輩、後々事情話すので

ちょっと待っててもらえませんか、? 』



「 うん ...... 、 」





















「 姉ちゃん、変に期待しない方がいいと思う 」



「 それは分かってるんだよーー(泣 」



「 けどさー、多分長尾は好きで彼女と付き合ってる

訳じゃ無さそうだし。チャンスあると思う 」



「 え?好きじゃないのに付き合う? 」



「 うん。今の長尾の彼女、色んな人脅してるし

長尾も脅されて付き合ったと思う 」



「 そ、そっか

けど、脅されてたら別れることなんて不利だよ 」



「 いや、その人飽き性だからそのうち飽きるよ 」



「 気まぐれな子だな(苦笑 」










謙杜
先輩、今から会えますか?








「 駿、留守番おねがい 」



「 おう 」











早く行かなきゃ