無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第4話

4










「 送ってくれてありがとうっ 」



「 はいよ 」



「 またね〜 」



「 おう 」















「 ただいま 〜 」



「 ねえちゃん ねえちゃん ねえちゃん!! 」






急に、弟の駿佑が走ってきた。



「 なに、どうしたの?(笑 」



「 長尾となんかあった? 」



「 長尾って、謙杜? 」



「 そう 」







そーいえば、同クラで仲良かったんだっけ。駿佑と





「 特に、なにも 」



「 そっか、ならいいや 」









謙杜?なんで、私と関係してると思ったのかな






てか、最近謙杜の事ばっかり考えてるなぁ









あの、「 気をつけた方が良いです 」 が
 




やけにひっかかる。