無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第33話

え、え、えぇー!?
超超超憧れの 推しが酸素 さんにこの小説、お気に入りしてもらえたんですけど。

やばい。

見たとき、スマホ落としかけた。

ありがとうございます!