無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第72話

@
me
me
はあ。
疲れ過ぎててベットでゴロゴロ。










気づいたら寝てしまっていた。
…
おーい。
me
me
(( _ _ ))..zzzZZ
…
可愛いな。
…
俺、お前のこと覚えてたぞ。
…
また会えたな。
me
me
ほび…おっ…ぱ…?
ホソク
ホソク
俺だよ。
me
me
あああああ、私寝てたんか。
ホソク
ホソク
ちょっとあなたと話したい。
me
me
うん。私も。
@ほびるーむ
me
me
やっぱりあの
ちょん・ほそく
だよね。
ホソク
ホソク
そうだよ。
私が中学生になったばかりの頃。









私、いじめられてたんだよね。









それを偶然見かけた、ほびおっぱが私のこと助けてくれて。










助けてくれたからお礼を言ったの。










そしたら










" ちょん・ほそく。いつかまた逢う日まで。"










こう言われた。










その時の私は全く意味がわからなかったけど今はようやくわかった。










ほびおっぱは私のこと










好きだったんだよね。