第146話

141.
129
2022/08/30 14:21
東峰旭
東峰旭
大地!!
田中龍之介
田中龍之介
大地さん!
烏養監督
烏養監督
澤村!!


接触した...。



田中先輩と主将が同時にラストボールを返した直後、田中先輩と主将がぶつかってた。
澤村大地
澤村大地
う〜っ!いてぇ〜。
烏養監督
烏養監督
どこ打った!?
澤村大地
澤村大地
か...顔?



見た感じ、ふらついたりはしてない。
でも、頭を打ってるから...。
嶋田さん
嶋田さん
脳震盪でも起こしてたら怖いからな...。
あなた
あなた
そうですね...。
やっぱり、ここは念には念を、で...。



でも、もしこの試合で負けたら...?
主将達にとって、これはラストの試合になってしまう。
そんな重要な試合で、チームの大黒柱を失うことになるとは...。



あなた
あなた
点差は3点...。
このまま逃げ切れば、第1セットは取れるだろうけど...。


第2セットまでいくとなると...。
主将の代わりに入るのは、あの人しかいない。



菅原孝支
菅原孝支
お前しか居ない。頼むぞ。


菅原先輩に言われて、縁下先輩が入ってくる。
嶋田さん
嶋田さん
...あの子は...。
あなた
あなた
時期主将候補ですよ。
やっぱり、この中で主将の代わりになるのは縁下先輩しかいない。
嶋田さん
嶋田さん
へー...なんか意外。
パッと見、気が弱そうだけどな、縁下。
冴子さん
冴子さん
まさか!
冴子さん
冴子さん
ウチに来てる時の様子じゃあ、どっからどう見ても、2年の首領   ドンは力だよ。
あなた
あなた
田中先輩と西谷先輩を手綱握れる人なんて、縁下先輩が1番ですしね。

最近は影山とか月島も抑えられてきてるし。




そんな縁下先輩のサーブを返されて、すぐに1本取り返された。

あっという間に1点差まで追い込まれた。


ここで本来なら落ちてもおかしくない。
でも。

縁下力
縁下力
サッ、来ォォオい!!!

和久南の主将のサーブを、縁下先輩が上げた。
これで...!


あなた
あなた
畳み掛ける...!




 












✂︎- - - - - - - -キリトリ- - - - - - - - - - -
主
♡と☆お願いします!

プリ小説オーディオドラマ