無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第8話

7話
〜あなたside〜

帰り道、もう辺りは暗くなっていた。




4人カッコよかった

でも、1番はとしみつさんだったかな

またライブ行きたい

また話したい

私の事覚えてほしい

もっと知りたい

もっともっと色んな表情を見てみたい


この気持ち




















としみつさんの事が好きなんだ。



〜としみつside〜

片付けも終わり4人で晩ご飯を食べにレストランへ行った。



あの子名前なんていうんだろう

可愛かった

もっと話してみたい

色んなこと知りたい

またライブ来てくれるかな



俺…


























あの子の事好きなんだ。





〜カンタside〜

片付けも終わり4人でレストランに行った。
ジョージ
今日も人たくさんいたな
みの
そうだね
新曲のCDの事いつ言う?
カンタ
発売日の1週間くらい前とか?
ジョージ
んー…
みの
今回は当日に発表とかしてみる?w
カンタ
それ面白そうw
ジョージ
そうするか!w
カンタ
としみつは?
としみつ
……
カンタ
おーい?としみつ?
としみつ
え?あ、何!?
カンタ
だから新曲のCD発売日の発表、当日にしない?って
としみつ
あ、あぁ、いいんじゃない?
ジョージ
じゃあ決定!
みの
楽しみーw
としみつがまた話を聞いてなかった。

いつもはそんなにその事は気にならないけど今回は少し気になった。


あの子の事かな…

としみつもしかして、あの子を好きになっちゃったのかな?


俺達は恋愛とか自分の事は基本自由だから好きになってもいいんだけど。。


ちょっと放っておけない。





だって俺もあの子に一目惚れしちゃったから。
⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ ⋱⋰ 
読んでいただきありがとうございます🙇‍♂️

前に話した新しい小説のことですが
ダンスの話じゃないのに変更しようと思います。

何のお話かは出てからのお楽しみという事で!


では、次回もぜひ読んでください。