第6話

💜
134
2020/12/29 08:08
亜嵐side

あなた

好きになってください

突然そんなことを言われた。
たしかこの子はライブスタッフさん。
男として気持ちには応えてあげたい。
でも。
俺は芸能人であなたは一般人。
迷惑はかけたくないし仕事に集中したい。
白濱亜嵐
ごめん…
あなた

え、あ、すみません
急に言われても困りますよね私みたいな人に。
ごめんなさい。


そう言ってあなたは去った。
こちらこそごめんなさい。

それからあなたは仕事で会っても
目を合わせてくれなくなった。

そして迎えたファイナル、
打ち上げにも来ることはなく歯がゆいまま離ればなれになった。

プリ小説オーディオドラマ