無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第9話

学校の様子
女子生徒1「…あっ!星宮さんよ!」
女子生徒2「ほんとだ!じゃあ隣にいるのは仁太君とレオン君だ!朝から会えるなんてラッキーw」
女子生徒3「それな〜w」
教室にて__
レオン「俺達は幸運を呼ぶクローバーか何かなのか?w」
仁太「どこにラッキー要素があるんだよw」
エルザ「そろそろチャイムなる。席に座らないと」
レオン「そうだね」
-昼ごはんin屋上-
仁太「今日のご飯なんだと思う?(。-∀-)ニヤリ」
レオン・エルザ「コンビニのパン3つ」
仁太「げっ!なんでわかったんだよ〜( ノД`)」
レオン「いやだってwジンたん登校中に寄り道するって言ってたじゃんw」
エルザ「朝の寄り道は絶対コンビニって決まってるw」
仁太「マジか〜w」
-放課後/部活-
*3人は合唱部に入っています。(歌う為)そしてそれぞれ
エルザ:ダンス部
レオン:体操部
仁太:テニス部
に掛け持ちで入っています*
エルザ「今日は何歌う?」
仁太「明るい歌がいいよね!」
レオン「OK( ๑ớωớ๑)و グッ!」
3人「•*¨*•.¸¸♪•*¨*•.¸¸♪」
-帰り道-
仁太「今日の夜ご飯何にする〜?」
レオン「政宗が作っとくって言ってた」
仁太「ほんと!やったぁあ♡*゜」
レオン「ジンたんはご飯にかける思いが強いw」
3人は笑って帰った。__以上学校での様子でした。
エルザ「……そろそろ行くか。」