無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第3話

高校生バカトリオ
エルザ「はぁ〜眠い。あの古文の先生子守唄上手いわね」
レオン「何言ってんだよwwでもまぁ、あの先生教科書読み上げるだけで眠くなるよな。ある意味天才w」
エルザ「だよね〜。古文が6時限目で良かった。この次にまた授業あったら死んでた」
仁太「それな〜www」
レオン「今日部活無いし、そろそろ帰ろぜ!」
エルザ・仁太「うん!」
仁太「雲行きが怪しいね、今日は晴れって言ってたのに…」
エルザ「ホントだ」
レオン「今にも雨が降りそう。急ごう!」
3人は小走りになった
レオン「ふぅー小雨だけで良かったな!」
仁太「間一髪だね〜」
エルザ「早く中に入ろう」
こうして3人は館の中へと入って行った。