無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第13話

授業参観<音楽前半>
弟子ができてからはや1週間後…
先生「はい、それじゃあね今日から三日後に授業参観があるから保護者の人に必ず言うように」
生徒「はーい!」
レオン「授業参観か…」
仁太「どうする?流石にもう騙せないよね」
レオン、仁太、エルザの3人は授業参観ではそれぞれ休んだり、親が海外に行っているなど先生に嘘をついてきた。だが、嘘のストックが無くなってきた
エルザ「じゃあ、私達に似てる武将達に言ってみる?授業参観があるんだけどって、多分食いつくよ(^^)」
レオン「せこいなーコイツwww」
仁太「それいいね!てか、それしか方法が見つからないwww」
エルザ「じゃあ早速帰ったら相談してみよう!」
帰宅後…
エルザは信長に、レオンは謙信に、仁太は秀吉に授業参観の事を話した←第1話容姿参考
エルザ「って事なんだけど、三日後私達の学校に来てくれませんか?居るだけでいいので!」
秀吉「へぇ〜面白そうだな(^^)」
レオン「あっ!ただし、先生と喋るまで声は出さないでね!てか、喋らないでね!もし喋りかけられたら、相槌を打つように返事して!」
信長「なぜだ?」
仁太「親は子の授業態度を見るために来てるからだよ」
謙信「なるほど、理解した。」
秀吉「三日後が楽しみだな!」
三日後…
今日の時間割
1時間目,国語
2時間目,英語
3時間目,音楽☆
4時間目,保体☆
5時間目,理科
6時間目.社会
授業参観は、3、4時間目
エルザ「なんか、ドキドキする(笑)」
レオン「それなw」
一方館にいる3人の武将は…
謙信「おい佐助!これはどう着たらいい?」
秀吉「難しいな」
信長「貴様ら遅いぞ」
服に手間取っている様子
2時間目が終わる頃には後ろの方に保護者達がズラズラと並んでいる。←音楽室なう。
エルザ「やっと来た」
仁太「おーい!」
秀吉「あっ!居た!」
謙信「来てやったぞ」
レオン「ありがとうございます(^^)」
エルザ「そろそろ席に座らないと」
仁太「そうだな!」
レオン「じゃあ3人はここにいて下さいね」
信長「ああ。」
女子生徒1「何?誰あのお父さん!?」
女子生徒2「めっちゃイケメン(≧▽≦)」
男子生徒1「星宮って書いてある!」
男子生徒2「あっ!本当だ!じゃあ隣の2人は…」
女子生徒2「朝日奈君と昼間君のお父さん!?」
男子生徒1「やっぱ、親と子って似るんだなw」
先生「ほら、授業始めるぞ!」
生徒達「はーい!」
後半へ続く__