無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第15話

保体&帰宅後
キーンコーンカーンコーン♪
先生「今から床のテストをする。(バク転とか?)」
生徒達「はーい!」
これも名前順
先生「昼間〜」
仁太「はい!」
仁太はバク転やロンダート更に捻りまでやった
謙信「…やるな」
秀吉「ああ!」
………
先生「星宮〜」
エルザ「はい。」
エルザは難易度の高い技を軽々とこなした
生徒1「やっぱ凄いよね〜、エルザさん」
生徒2「あれは、体操部に入ってるからじゃない?」
生徒1「確かに、あの人体操部に入ってたねw」
信長「(あやつら、先程からエルザの事を良くない言い方をしているな。)」
謙信「(嫉妬など見苦しいな…)」
秀吉「(後で、沢山褒めてやろう!)」
因みに、レオンは保健室で爆睡中です(笑)
キーンコーンカーンコーン!
信長「…エルザ、来い。」
エルザ「??」
エルザは素直に信長の所へ行った
エルザ「!?!?え?」
信長はエルザの頭を撫でた
信長「…よく頑張ったな」
エルザ「!!ありがとう、ございます。」
信長「ああ。」
-帰宅in館-
レオン「ただいまぁ〜」
政宗「おかえり!秀吉、学校てのはどうだった?」
秀吉「あーそうだな、でかかったぞ。あと、楽しかった」
光秀「俺も行きたかったなクスクス」
幸村「全然そうには思えないけどな」
光秀「これは心外だな」
エルザ「あっ、」
信長「どうした、エルザ?」
エルザ「あーいや、そろそろ3ヶ月だなーと思って」
秀吉「あー!確かに、早いな(笑)」
家康「そうですね。」
3ヶ月まであと、3週間
話短くてすみません(--;)