無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第11話

気になっている
家康「…ねぇ、あんた。」
エルザ「なんですか?」
家康「いつも何してるの?」
エルザ「は?」
家康「だから!いつもどんな事してるのかって聞いてるの!」
エルザ「どんな事と言いますと、、暇や休日の過ごし方とかの事ですか?」
家康「まぁ。そんな感じ。」
エルザ「ん〜そうですね。歌を歌ったり、踊ったり、レオくんとジンたんと3人で何か企画して遊んだり、って感じです。」
家康「じゃあ、歌ってみて」
エルザ「えっ?」
幸村「おーい!何してんだ?」
政宗「俺達も混ぜろよ(=^^=)」
政宗と幸村が来た
家康「…(はぁ〜。なんで来ちゃうのかなぁ〜。)歌を歌ってもらうんですよ」
政宗「歌?」
家康「はい。この時代の歌は違うと佐助が言ってたので」
幸村「なるほどな。」
政宗「エルザ、俺達にも聴かせろ!」
エルザ「……分かりましたよ。」
こうしてエルザは3人の前で歌う事になった
エルザ「•*¨*•.¸¸♪•*¨*•.¸¸♪」
3人「!!!!!!!!」
エルザが歌い終わると
幸村「お前、スゲーな!」
政宗「ああ!あんな綺麗な声どっから出せるんだ?」
家康「まぁ、良かったんじゃない?」
エルザ「ありがとうございます。」
3人「………」
エルザ「ん?どうかしましたか?」
幸村「お前さー、堅苦しくね?」
家康「レオンと仁太の前ではうるさいのに」
政宗「そうだぞ!これからは、敬語無し!使ったら口ずけ1回!」
エルザ「!?!?…分かった。」
政宗「そうそう(^^)」
幸村「あっ、そろそろ夕餉の時間じゃね?」
政宗「そうだな。俺、飯の支度があるから先行くぞ。エルザ、歌を聴かせてくれてありがとな(=^^=)」
エルザ「うん。」
政宗「そう言えば幸村、謙信がお前の事呼んでたぞ」
幸村「げっ!それ早く言えよ!?悪い俺も行く!エルザ今日はありがとうな(^^)」
エルザ「頑張って。」
幸村「おう!」
2人は部屋を飛び出す勢いで出て行った
家康「…今日はありがとう。また聴かせてくれない?エルザの歌」
エルザ「いいよ。(=^^=)」
家康「!!!!!!(今、笑顔!)」
エルザ「ん?何?」
家康「いやっ、なんでもない。」
エルザ「そう?まぁいいや、私達も夜ご飯の準備しない?」
家康「別にいいけど。」
エルザ「よし!じゃあ行こうか!」
家康「うん///」
2人は厨房へ向かった
??「俺が居ないうちに何故こうなった?」