無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第36話

🏖





『そうだ、海に行こう。』









社長が唐突に発した言葉で





私たちは海に行くことになった。













「....あ そうだ。」








「水着ないわ....」





フォイ「あ そうなん?? 買っとこうか?」









全く。こいつの発言には下心しかないんか。






「水着くらい自分で選べるから...!!」





ワキ「大丈夫よタトゥー見えんやつ選ぶけん。」






「違うそういう問題じゃない。」









シャチョウ「...お、これ良くない??」






※画像お借りしました





「嫌だ....これほぼ下着でしょ....」
※風評被害










マル「...あ、これかわいい。」

















「可愛いけど.... あんま足出したくないのよ...」





マル「白いビキニ好きなんだよね〜笑」




「個人の好みじゃねぇか」



















フォイ「....あ いいやつあったからポチッといたよ😄」







「ファッ?!!!?!」









「あぁ...これなら大丈夫だわ...」





「ありがと絃歩くん」






フォイ「下ビキニになっとるからスカートはもちろん脱いでね^^」




「前言撤回。」




















そして とうとう 海に行く当日に。











ギンタ「わっほ〜い!!!!!」








他のメンバーは 全員短パン。










海には ビキニを着ているギャルや 子供と来ている母親など....












「私にもビキニ着る勇気欲しいわ」






マル「なんでスカート履いとると笑」




「当たり前でしょ脚出したくないしw」






マル「大丈夫よなんかあっても俺らが守るけん」





「そういう心配してるわけじゃないから安心して」





「あとなんかあったら相手ぶん殴るから大丈夫^^」




マル「こわ」








フォイ「ねぇ!!あそこにバカ可愛いギャルおる!!」





ワキ「ほんとや...俺ナンパしてくるわ笑」





シャチョウ「こら お前ら。笑」






マル「可愛い子おるんやったら乳首触らしてもらおうよ」




「また炎上するべw」





フォイ「大丈夫よもうすでに恥やけん」

※大丈夫とは











ギンタ「俺ダメもとで行ってきま〜すw」







銀以外『おい待て』












.











(季節外れやと思うやん?)






(ちゃんと考えたらあと120日くらいで夏なんよ😙)(?)





(みんなで夏休み全力で楽しむために今を頑張ろうね🔅)