無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第32話

💋





数十分後.....










シャチョウ「仲良くなった???」





「うん。笑」




フォイ「もう先っちょ入った。」




マル「血繋がった。w」





「血繋がったw」





『ファミリーw』







シャチョウ「あ じゃあそろそろ変わってもらうので...!!」





『ありがとうございました〜!!』






『あなたまたね〜!!笑』




「うん!! 今度飲もw」




『ばいばい〜!!』



フォイ「どーも!!」










【まるを更に安心させよう】










シャチョウ「りさちゃん入りまぁす!!」







『おじゃましますっ。』






シャチョウ「もえなさんはいりまーす!!」

※次々に女の子投入






『...あ、お久しぶりです!!』






「...??」





フォイ「え??」




マル「お久しぶり???」





※昔ふぉいとヤった事ある設定のキャバ嬢

(実際は初対面です)









『...いや ふぉいくん...。』





フォイ「え 全然わからん...」
※でしょうね







フォイ「ちょまってまってやばいやばい」

※初対面ですから







「なんの久々っすか??」






『1回... ホテル行ったことある。』







マル「え?!?」




フォイ「え?!??!」




「?!」





『www』







マル「 (これってもしかして....) 」







マル「 (今日俺じゃないやつや....!!!) 」





マル「それはやばいよお前!!!!」





「やば....」



※全てを悟った男















※ではなく作戦にまんまとハマった男













フォイ「久しぶりぃぃぃっw」





「忘れとるのはやばいてw」
※お前もな







マル「何ちゃん?!何ちゃん?w」

※完全に踊らされている男





マル「 (今日はふぉいななの番だ!!) 」










【よし.... こいつの母親を呼ぼう】
























シャチョウ「あ、ともみちゃん入ります!!」







マル「 (ともみちゃん....?) 」



フォイ「 (ともみちゃん....?) 」




「....?」










『はじめまして〜!!』






※まるの母親登場













フォイ「うわやばいよかった〜....」






「?????」






マル「 (最悪じゃ.....) 」











※全てを悟った男







「なになになに?!」
※まるの母親とは初対面




「えまって抱きついてこないでなにw」





マル「.........」
※今まで1番恥ずかしそう







まる母「はじめまして〜w」





フォイ「よかったよかったよかったぁぁぁ... ×23」






「????」






マル「出んなよ動画!!!!」



シャチョウ「お前ってそんなキャバ嬢に向かって....」





シャチョウ「働いてらっしゃる??」





まる母「はい!」





シャチョウ「あ、言うけどこれは嘘。」




フォイ「よね?!」




『いぇぇぇいwww』





シャチョウ「....あ あなたのも。」





「え???」

※状況を把握出来ていない模様






シャチョウ「あれはりあちゃんじゃない。」





シャチョウ「普通に働いてる人やけん りあちゃんとは別人よ。」






「ですよね?!」




「2ヶ月前に就職したのにもう転職したのかなって....w」
※りあちゃんと連絡はとっていた模様








「ねぇもうマジでこわい....」




フォイ「それ....」







シャチョウ「ともみちゃんと飲むの初めて??」





「私はそうですねw はじめましてw」



まる母「話で聞いてたけどほんと美人さんねぇ...」




「いえいえいえw うちのまるがお世話になってますw」





マル「俺は1回アフターしたことあるかな。」





「ヤったことは??」






マル「ヤったことはない。」




「あぁ...ないんだw」







マル「言うなよそういうこと!!!!!!!!!!」







『wwwww』


※親の前で性の話は地獄






「やったことw」










フォイ「いやぁまじよかったぁぁぁぁ!!」



【速報】こいつの母親も来ます









.