無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第6話

🛁










フォイ「あ、風呂入ってきな。」









「あ ありがとうございます、、」










フォイ「りゅー! パジャマ持ってきて!1番ちっちゃいやつ!」







マル「あいよ〜」





















「なんか色々と申し訳ないです...」











フォイ「いやいやいや!大丈夫!」













マル「はい!どうぞ!」








「ありがとうございます!」


























「社長さん!お風呂お借りします!」








シャチョウ「あ、どうぞ〜!」






















ガチャ

















「ふぅ~.....」









「疲れたぁぁ、、」



































.








(めんどくさいから省略)(((

























「ふぉいさ〜ん!」










フォイ「はい!」






「ドライヤーどこですか?」











フォイ「あ、ここ!」














「ありがとうございます〜..」



















フォイ「あ 俺やりたい!です!」









「え、」









フォイ「元美容学生なんで任せてください💪」







「あ じゃあお願いします、、笑」




























............

















フォイ「終わりました〜」







「ありがとうございます笑」






フォイ「めっちゃサラサラですね...w」




「あ、 ありがとうございます。笑」