無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第45話

👠
.


















フォイ「おまたせ〜!!」








「ん、おかえり!」









早歩きで私たちが待っていた場所に駆け寄ってきたふぉいの手には ふたつの紙袋が。











マル「ふぉいも服買ったん??」









フォイ「うん。俺の分とりゅーとあなたの。」


















はいっ と言いながら差し出してきた紙袋には








私が試着したトップスとスカート、、、














あとは ビーズリングとピアスも。











「えぇぇ、、、?!」









マル「ふぉいが買ったと?!?」







フォイ「そーよ?? めっちゃ目キラキラしとったけん これは買わなってw」









「まじ.....ありがと、、 いくらくらいしたん??」








フォイ「いいえ。返さんでええとよ、俺からのプレゼント。」








マル「えぇ!!!やばい!!!!ありがと!」









フォイ「どういたしまして〜(笑)」















マル「ね せっかくやけんさ これからこの服着てどっか行かない??」








「おぉ、いいね!!そうしよ!」








フォイ「ね!! そこら辺にでっかいトイレあったはずやけん そこで着替えよ。」







「うん、ありがとう〜!!」

























.













ふぉいに貰った服は 着心地も良くて






しかも めっちゃお洒落。

















「アクセもつけて....っと。」


















いつもより煌びやかになったからか








見慣れない 鏡に映る自分。











普段がガサツすぎるだけかも、笑














トートバックを手に 小走りで待ち合わせ場所へ向かった。