無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第16話

🎪










.




シャチョウ「みなさん!!調子どーですか!!?」




『いぇぇぇぇい!!!』









シャチョウ「ま、今日 なながライブ初参戦なんやけど....」








フォイ「8小節の英語の発音良すぎない?笑」








「いやいやいや、、、笑」







「あ、 今日はよろしくお願いしま〜す!!」








『(拍手)』













シャチョウ「じゃあ!!みんなテンション上がってきただろうし!!1発みんなで...」









シャチョウ「あげあげほいほいして 盛り上がろ〜!!!」






『キャーーー!!!』













.










(ちょっと飛ばします)













ギンタ「琉球アイランド〜!!!」












.






ワキ「__見てみな俺が ジャイアント
ほら聞いてみ俺らのアイランド♪」







「Music ride on ride on この音で
最高 Everybody!! dancing!! Come Again!!___」
















シャチョウ「ちゅらちゅら....」







フォイ「しゃちょーですッ☆(白目)」





マル「ですっ☆(白目)」





「ですっw(白目)」




マルフォイナナ「wwwww」





フォイ「顔やばwww」



マル「お前もやw」





ï½¢wwwï½£












.













シャチョウ「さぁさぁみんな!!手挙げて!」













♪Fly High













シャチョウ「でも 大丈夫もし 返せなければ....!!」







「飛べばいい!高く高く!
この世界は果てしなく広いのさ 可能性無限大!!」













______












シャチョウ「次の曲行こう!!!」












会場中に鳴り響く重低音とほぼ同時に



歓声が響いた。














シャチョウ「君の淫らな姿を 何度でも見たいのさ___」














まるさんと一緒に 1階席の人に手を振っていた時。











「....!??!」







『....!』









私の弟とその彼女と目が合いました。()












そういえば ライブ行くとか言ってたなぁ.....()







フォイ「どした?」






「えっと.... あれ....w」







フォイ「なんかされた?」





「あ、じゃなくて...ww」






「弟と彼女さんです....ww」








気まずすぎる雰囲気が続き 失笑するしかなかった私と








その隣で爆笑してるふぉいさんであった。
















next.....