無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第4話

🌧

数時間後....






「ほぼほぼ完成...っと。」













コンコンッ










「はーい!」







『ふぉいでーす』




「どうぞ〜」













フォイ「どっすか?」







「あ、」





「こんな最低な歌詞初めて見ました🙂」









フォイ「ああwww」








フォイ「でも俺らの曲 結構こういうの多いですよw」






「そーなんですか?!w」






フォイ「ちょ、これ聞いてみてくださいww」




















okawari♪













(垢BANこわい。 歌詞略)





















「うわぁ.... クズ....」




フォイ「本音出てるwww」





「あっ。www」





















フォイ「あ、トラックどんな感じですか?」









「結構いい感じですよ!」







フォイ「え、聞きたい!!です!」




「笑笑 どーぞ!」





















..........














フォイ「めっちゃいい...」






「ありがとうございますw」











ゴロゴロゴロ.....










「わ、雷....」










ザーーーーー....⛈













フォイ「やっば....」











「どーしよ.... 早めに止まないかな...」







「帰れない...笑」








フォイ「え、でも」










フォイ「止まなかったら 泊まってっていいですよ?」








「いや、でも...」






「ご迷惑じゃないですか?」







フォイ「全然大丈夫ですよ!逆に泊まってってください!!!」←










「...じゃあ お言葉に甘えて..。」










フォイ「やった~🥺」












(くっそ...かわいいい.....)















「こちらこそありがとうございます..!!」








フォイ「いやいやいや...」





フォイ「こんな大雨の中返すのも危ないですし...」














.

うわぁ...優しい....











.



























..........




「よし、完成..!!」












「社長さ〜ん!!」





シャチョウ「あいっ!!」



「できました〜」





シャチョウ「わ!ありがとう!!」




「いえいえ〜...」








フォイ「あ、今日ななさん泊まるそうです。」




シャチョウ「あー、了解〜」





シャチョウ「この雨の中帰るの 危ないもんね。w」





「そうですね笑」











マル「あ、晩飯 なんか作りましょうか?」





シャチョウ「あ、じゃーお願い!!」






「ありがとうございます..!!」















フォイ「こいつ元料理人だから めっちゃ料理上手いよw」





「そうなんですね! めっちゃ楽しみ〜....笑」






マル「う、プレッシャー...」













..........















追記


11/22

ちょっと変えました🙌