無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第9話

💭










時は流れ あの時から 数ヶ月後.....





















プルルルルルル......















シャチョウ「もしもーし」









「あ、社長 お久しぶりです〜!」













シャチョウ「今度さ 新曲作るから...」














シャチョウ「またトラック作って欲しいんよね。」











シャチョウ「この時期大学も忙しいだろうし チバと共同でも大丈夫よ。」











「あ 全然大丈夫ですよ😶」








「逆に私でいいのかっていう感じなんですけど笑」










シャチョウ「www あ 明日事務所来れる?」










「行けますよ!」










シャチョウ「おっけー! ありがとう~!」











「いえいえ!」






























__________








\ピンポーン/
























「渡邉でーす」









シャチョウ「どうぞ!」














「お邪魔しm....」








シャチョウ「渡邉あなた様!!!」










「?!」






















事務所に入ると












メンバー全員が 正座してました。(?)



















「あぁ... お久しぶりです....??」



















シャチョウ「....レペゼン地球に入ってくれませんか?!」













「ですから.....!!」









フォイ「初めて見た時から 才能の塊だって思ってて!!!!」










マル「入ってくれたら絶対最高のグループになるし!」














ワキ「僕らからの一生のお願いです.....」

















『お願い致します!!!!!!』(土下座)











「わ.....」
























「でも.... 大学もまぁまぁ忙しいし....」










ギンタ「僕らができる限りのことはサポートさせていただきます!!」


























ï½¢......ï½£





















「じゃあ...... 私でいいのなら......」














シャチョウ「まじ?!?!」















「え、あ、はい....。」

















シャチョウ「ありがとう!!!!」(土下座)










「うぉ....w」















フォイ「社長 2回断られたから もう無理かもとか言っててw」









「あぁ...w」






「なんか色々と申し訳ないです....笑」





























シャチョウ「じゃあ!!動画撮ろう!!」










「....?」












シャチョウ「新メンバー加入の!!」












「え 新曲は....?」












シャチョウ「あれ? 呼び出すための嘘。」









「え」































(終わり方わからん)(n回目)