無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第40話

🍾





「どうも!DJななと!」






マル「まるで〜す✌️」





フォイ「ふぉいで〜す✌️」






「いえぇい〜✌️」










本日は 全員スーツ衣装を着て 髪もバチバチにセット済み。






もうなにかお分かりですよね?







「久々の!!ライブです!」





『いえぇぇぇい!!!』






フォイ「まぁライブと言っても数曲歌って飲みまくるだけなんだけどさw」





マル「で、今日はいっぱいゲスト呼んどるんよ。」





「そう。 しかも知り合い関係だけ。」





フォイ「あなたは誰呼んだん?」





「私はね、 一応あずちゃんとえみりんとアバとHIKAKINさんに声掛けた。」


※HIKAKINさんは60%来ない



「あ、あとbakeくんとさぁやちゃん」


※絶対来ない

※というか来ないで




マル「ばけくんは仮面つけとるけん酒飲めんやろ笑」



「あ、、、 盲点、、、」














.






フォイ「....お、結構人集まってきたね。」





「ほんとや。」






「.....ああ!!!ありしゃんいる!!ありしゃん!!」






ありしゃん『わああ!!なあちゃん!』





「久しぶりぃぃ!!」






まりな「あれ、ちゅるちゅるは?」




「あ ちゅるは今準備中」

※上司ちゅる呼ばわりすんな




さおりん「えぇ、てかめっちゃ美人になってんじゃん。」




「いやいや....さおりんもよ....」




ありしゃん「....あ そうだ。 なんかね、w」










ありしゃん「さおりんがw 脇を呼びたいらしいのw」





「あ 脇??」





「惚れた??笑」






さおりん「当たり前でしょあの20代の田中圭に惚れないわけないじゃん」






「え どこがいいの??」






さおりん「んとね 顔。」

※クソ正直





「ねぇwwww」









「...お 脇いた。 引っ張ってくればいい??」




さおりん「いや 酒入った方が絡みやすいから始まってからでいいよ。」




「おっけーw じゃあ始まったら探すw」











.









ワキ「あいつらやべぇな」





「いいやん楽しそうだし」






ワキ「あっち側ついてるとか言わないやろ??」





「まぁ私ヘラヘラの4人目って言われてるくらいだもんなぁ🙄」






ワキ「ひぃぃぃ....」

※脇将人今すぐ逃げろ











フォイ「お、 赤黄緑の危険信号。」






ソラ「おい俺を忘れんな」





「いやぁ....やっぱクラブだと映えるねみんなの髪」






エイジ「赤だと印象濃いでしょ?笑」





リクヲ「俺も結構強くない?」




ツリメ「確かに。金だから映えるよね。」






「私も金だけど光当たったらハゲに見えるよ」








ツリメ「えぇ....じゃあ暗いとこいる....笑」







リクヲ「俺も端っこで静かに楽しむ」







「あ でも今日多分あずちゃん来るよ。」






ソラ「?!????!!!!?、 」







エイジ「なんだそらのアプローチタイムが始まるだけか笑」







マル「でもそれをエミリンに妨害される可能性があるとw」






ツリメ「酔っ払ったらずっとそらちぃぃぃぃって言ってそうだよねw」







「そ"ら"ぢぃ"ぃ"ぃ"ぃ"ぃ"ぃ"ってwwww」

※濁点多すぎィ






ソラ「ねぇ嫌なんですけど!!!!!!」








エイジ「そらちぃのモテ期到来」






ソラ「やだ!!!!!!!!!」