無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第50話

✈️💨





(時は飛び あれから約一ヶ月後)













.
.
今日やっと帰れるっぽいです
社長
社長
!!!(歓喜)
ふぉい
ふぉい
わーい、いっぱいせックスできるね☺️
銀太
銀太
おかえり〜
脇
お土産買った??
まる
まる
おかえり🥺🥺楽しかった??
.
.
脇へ
Of course✌︎︎✌︎︎ たろーくんのお洋服とか買ったよ😻
.
.
銀ちゃんへ
ありがとー🐼
.
.
りゅーへ
ただいま🥺 しんどかったよ今すぐ抱きつきに行きたい
.
.
しゃちょへ
わーい喜んでくれたわーい^.^
まる
まる
わーい天使から返信来た🥺
社長
社長
わーい^.^
銀太
銀太
うれしい
脇
やった〜😙
ふぉい
ふぉい
俺フル無視で草
社長
社長
カップル組不仲説
まる
まる
破局
ふぉい
ふぉい
ぴえん
社長
社長
ぱおん
ふぉい
ふぉい
そういうのいいっす
社長
社長
🥺
.
.
楽しそうでなによりですわ😙
















『午前7時30分発、羽田行の便、まもなく出発です。』
















機体が大きく揺れ 日が差す空へと飛び立った。
















機内付属のイヤホンを取り付け ミュージックラジオを聴きながら眠った。





























東京の空は まだ真っ黒で 少しだけ星が輝いている。












やっと帰れたんだな、













そう思うと 少しグッとくるものがあった。














荷物を受け取り 重いバッグを引きずりながら出口へ向かうと















見覚えのある カラフルな5人の集団が。


























「.....!!!しゃちょ!!」






社長「おかえりいいい;;」






「ええ、みんな来てくれたんだ、、」






ふぉい「もう俺寂しすぎて死ぬかと思った」






まる「わああやっと会えた😢」






脇「おかえり.... 待ってたよ.....」







銀太「うわぁ、久々に会えるとやっぱ嬉しいね。w」









「ね、てかなんで時間わかったん」







ふぉ「時差計算したら大体の予測ついたから3時間くらい前からいた笑」





「えぇ、計算できなかったのね」





社「それあなたが言えんやろwwww」






ま「確かにw あなた引き算出来んしw」







「ああああうるさい!!w」






『wwwwww』
















銀太「.....あ、今日丁度あなたのラインライブの日じゃん、 今から配信しよーよ。」







社「お、いいね。 やろ。」







銀「僕車運転するんでみんなで喋りながら帰りましょ笑」







「いいね、みんなで帰ろ、笑」















何気なく過ごしていた日々が突然失われたら







とっても寂しくて どこかに空間が有り余っているような感じがした。













けど、









こうやって数分他愛ない話をしただけで その空間は どんどん満たされたような気がした。



















わたなべちゃん

ただいま日本✊❕
お迎えきてくれてありがとね😻