無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第72話

☘️
ーユンギsideー




ユナ
ユナ
じゃあ、あなた。
ちょっと踊ってみて!





大丈夫なのか?






でも、ここであいつがダンスや歌を見せれば






みんなだって認めてくれるだろう。


あなた
あなた
…ッ



やっぱり、怖いのか。




ユンギ
ユンギ
大丈夫だ、あなた。
別にお前を責めてるわけじゃない。
ユンギ
ユンギ
ただ、俺たちがお前を認めるために
実力を見せてほしい。



俺にはこんな言葉しか言ってやれない。





でも頼む。見せてやってくれ。





そしたらお前のことを
メンバーも認めてくれると思うんだ。





あなたがBTSに入ってくれることで
俺たちも変われる気がするんだ。









頼む、あなた。。




















next.