無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第175話

🍀
ーナムジュンsideー





午後8時50分




みんなに集合をかけた10分前に部屋に行くと




もうみんな集まっていた。













どこか不安そうなみんなの顔を1人ずつ見ていく。






ジョングク
ジョングク
ヒョン、話って…?











そして俺は、悩んだ末に、、








ナムジュン
ナムジュン
俺たち、次のライブが終わったら…
ナムジュン
ナムジュン
解散しよう。









みんなは驚きで言葉が出ないのか、沈黙が続いた。








ジン
ジン
ナムジュナ…ごめんね






ジンヒョンが苦しそうな顔で謝ってきた。





ユンギ
ユンギ
リーダーだからって
1人で悩ませてしまって悪かった
ホソク
ホソク
ナムジュナ…
マンネライン
マンネライン
うぅッ…グスッ
あなた
あなた
なんで…ですか?
あなた
あなた
私が脱退するからですか…?
ナムジュン
ナムジュン
俺たちは、8人でBTSだった。
1人でもかけたら、もう、、
ナムジュン
ナムジュン
それは意味のないことなんだよ
あなた
あなた
7人で…!やってください!!
解散なんて…
みんなオッパたちを必要としてる!
ユンギ
ユンギ
あなた!
ナムジュナも…辛いんだ…
ジン
ジン
あなただって!
armyも…俺たちもあなたが必要だよ!?










それからまた沈黙が続いた。













その後は、誰も口を開くことはなかった。














そしてみんな、何も言わず部屋へ帰って行った。











next.