無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第162話

🍀
ーあなたsideー







ご飯屋さんを飛び出して、気づけば海に来ていた。


あなた
あなた
はぁ…



こんなんじゃだめだなぁ。ㅎ






ピコン
ジン
ジン
カトク)あなたや?大丈夫?



ピコン
テヒョン
テヒョン
あなた、怒らせちゃってごめんなさい



ピコン

ジョングク
ジョングク
あなた、今どこ?
 









今は誰とも話したくない、いや。











話せない。










ブチッ







携帯の電源を切って、夜の海をただ眺めていた。















next.