無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第180話

🍀
ージョングクsideー








僕はあなたを探しまわった。





そして、いつかあなたが言っていたことを思い出した。












あなた
あなた
私は夜の海や夜空が好きです















だから僕は宿舎の近くの海へ行ってみた。







ジョングク
ジョングク
はぁ…ッはぁッ…








遠くから何か光ってるのが見えた。








近づいていくと…









ジョングク
ジョングク
あなた…!









あなただった。











でも僕が呼んでも、反応はない。








さっきの光はなんだったんだ、、





















あなたの手元を見ると、1枚の写真が燃えていた。

















ジョングク
ジョングク
さっきの光はこれ…?

















そしてあなたは心が壊れたように














その写真を見ながら、ただ静かに涙を流していた。














next.