無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第163話

🍀
ーあなたsideー









冬の海はすごく澄んで、真っ黒。







吸い込まれそうで、でも寒くて。







でもその時間だけは何も考えずにいられる。





だから私は海は海でも、夜の海が好き。








ポケットから1枚の写真を出して眺めた。










気がつくと、あのときのことを思い出していた。













next.