無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第80話

☘️
ーNo sideー


テヒョン
テヒョン
僕は、わかりません。
BTS
BTS
ユンギ
ユンギ
なら、急がなくていい。
気持ちがわかったら教えてくれ。
テヒョン
テヒョン
はい…
ホソク
ホソク
…じゃあ、とりあえず
ジン
ジン
次は歌の練習しよっか
BTS
BTS
はい










気がつくと、外は真っ暗で、


ダンス練習と歌の練習が終わり、宿舎に帰った。
















next.