無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第151話

🍀
ーあなたsideー








ユンギさんに突然抱きしめられて





ユンギ
ユンギ
あなた、ごめんな。
あのとき叩いて…
ユンギ
ユンギ
それにもっと早く気づいてやらなくて…






そう言いながらユンギさんが泣くから





あなた
あなた
うぅ…うわーん!😭







今まで張っていた糸が切れたように

私はユンギさんの腕の中で泣きじゃくった。











それから、結局みんなが泣いてしまって

最終的に泣き止んだのは夜中だったㅎㅎ








でも、みんなと約束したんだ。

もう隠し事はしない、辛いときは言う。











そして最後にヒョンラインのみなさんが


ジン
ジン
みんな泣きたいときは泣いてもいい。
ただ、1人で泣かなければね。
ユンギ
ユンギ
グガ達もまだかわいい弟なんだから
無理して大人になろうとするな
ホソク
ホソク
俺たちやヒョンの腕の中でゆっくり大きくおなり😊
ナムジュン
ナムジュン
お前達は俺やホバ、そしてヒョンの
かわいい弟と妹なんだからな☺️






たくさん泣いたぶん、

みんなとの絆が深まって嬉しかった。














next.