無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第172話

🍀
ージョングクsideー







あれから1週間がすぎた。










あのあと、何度もあなたやみんなと話し合ったが、


詳しい理由も言わず、あなたの意思も変わらなかった。










ナムジュン
ナムジュン
グガ、あまり思い詰めるな








ヒョンたちは相変わらず、
僕たちには心配かけないように振る舞ってる。







でも明らかにみんなの笑顔が減っていったんだ。











そしてもう1つ変わったことは、









ユンギ
ユンギ
あなたは今日もいないのか…?










あなたが夜に宿舎にいないことが多くなった。















next.