無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第110話

☘️
ージミンsideー








ライブが終わり、

楽屋へ向かって歩いていると




あなた
あなた
ジミンさん!



あ…あなた…




あなた
あなた
あの!ありがとうございました😊




今しかない…






言わなきゃ、、





ジミン
ジミン
あの。あなた、
ジミン
ジミン
今まで本当に、ごめんね…




そういうとあなたは目をまんまるにさせていた。


あなた
あなた
😳
ジミン
ジミン
僕、あなたにひどいこといっぱいした



そうだ。過去に何があったって


何も悪くないあなたにあたっちゃいけなかった。


あなた
あなた
まだ…私のこと嫌いですか?




え?


そんなわけ…ないだろ




ジミン
ジミン
嫌いじゃない。
大事な仲間だと思ってる。
あなた
あなた
…!じゃあ…







"これから仲良くしてくれるなら許してあげます😊''







あなたはそういって、
あのとき突き返してしまったサイダーを僕にくれた。

















next.