無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第10話

出会い
1週間後、韓国に着いた私は

迎えにきてくれたユナオンニの車で

これから私が入るアイドルグループの事務所に

向かった。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

〔社長室前〕

コンコン✊


ユナ
ユナ
社長。失礼します。
あなた
あなた
失礼します。
パン・シヒョク
パン・シヒョク
やぁ〜!
よくきたね!!
ユナ
ユナ
こちら、お話したユン・あなたです。
あなた
あなた
こんにちは。
ユン・あなたと、申します。
パン・シヒョク
パン・シヒョク
あ〜。話は聞いてるよ、あなた。
それより、
よくナムジャグループに追加メンバーで入ることを決心してくれたね😊
パン・シヒョク
パン・シヒョク
あの子たち、根はいい子なんだが。
どうもお互いや仲間しか信じられない子になってしまってね…。
あなた
あなた
でも、あの。
私、反韓なんです。。
パン・シヒョク
パン・シヒョク
あぁ。ユナに聞いたよ。
あなたも大変だったね。
でもそんな君だからあの子達を変えられるんじゃないかと思ってね。
あなた
あなた
はぁ…。
ユナ
ユナ
社長。あの子たちは?
パン・シヒョク
パン・シヒョク
あー、さっき呼んでおいたんだ。
もーすぐ来るよ😊
















next.