無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第63話

☘️
ーあなたsideー








よりによってテヒョンさんの隣になるなんて…





テヒョン
テヒョン
チッ 早く乗れよ(ボソ






思いっきり聞こえてるっつーの




ユナ
ユナ
さぁみんな乗ったわね?
出発するわよー!
BTS
BTS
はーい
あなた
あなた
…はい

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



早く会社に着ついほしいと思いながら





窓の外を見ていると。。




テヒョン
テヒョン
なぁお前、ジミナに何したんだよ
あなた
あなた
は?




されたのはこっちだ。







それに、さっきナムジュンさんから






ジミンさんが私に水をかけたこと聞いてたはず。





あなた
あなた
さっきナムジュンさんが言っていたとおりですけど。
テヒョン
テヒョン
どうせ先にお前が何かしたんだろ?


















next.