無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第183話

🍀
ーあなたsideー








もう寒さも感じなかった。








ただ、心が、胸が痛い。







思い出すのはいつも、ユウの笑顔。ユウの声。







それでも燃え続ける写真。













ギュッ







誰かに抱きしめられた気がした。








あぁ、ユウに抱きしめられた感覚が残ってるんだな。













?「(あなた!)」



 







誰かに呼ばれた気がした。











これもユウに呼ばれたときの記憶か…











なんて考えていると…











?「あなた!」








今度はハッキリ聞こえた。












びっくりして顔を上げると…











あなた
あなた
ジョングク…さん?









そこには私を見つめるジョングクさんがいた。













next.