無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第62話

☘️
ーあなたsideー


ユナ
ユナ
さぁ、みんな早く車に乗って!
出発するわよ!!



みんながぞろぞろと車に乗って行った。



濡れた服を乾かしてもらっていた私は





1番最後に車に着いた。





あなた
あなた
うわ…。






最悪だ。








よりにもよってテヒョンさんの隣…





ユナ
ユナ
あなたー
はやくー
あなた
あなた
あ、はーい!
















next.