無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第160話

🍀
ージョングクsideー







テヒョニヒョンは、

よっぽどあなたの好きな人が気になるらしい。




テヒョン
テヒョン
ねー!あなたー?
聞いてるのー!?
あなた
あなた
…






ん?あなたの様子が…







あ。。そういえば
さっきの撮影のときも急にぎこちなくなってた気が…







ジミン
ジミン
あなたー?
僕も気になるー!
ジョングク
ジョングク
あ。ちょ、ヒョン、、
あなた
あなた
(うるさい)
テヒョン
テヒョン
え?あなた?






すると、うつむいていたあなたが顔を上げて





あなた
あなた
うるさい!
関係ないでしょ…?





今まで見たことのない冷たい表情をしたあなた。





あなた
あなた
そんなに人の恋愛が気になりますか!?
アイドルでしょ!?
あなた
あなた
もし好きな人がいたとして、私たちは普通に恋愛できるんですか!?
あなた
あなた
そんなのわかりきってるのに…
頭の中、お花畑ですか?!






バタン🚪







あなたが出て行ってしまった。














next.